一人暮らしでもできるネット依存対策(パソコンwin10版)

一人暮らしの人でもできるネット依存の緩和法の紹介です

ネット依存対策2:グーグルのセーフサーチを強制作動させる方法

f:id:for-sence:20200928065533j:plain

TumisuによるPixabayからの画像

 

 

ネット依存症の大敵、アダルトサイト

 

ネット依存とは、暇つぶしにネットサーフィンなどをして、膨大な時間を無駄にする

ことです。その暇つぶしの代表格がアダルトサイトです。

ネット依存の人にとって、アダルトサイトは百害あって一利なしです。これまでアダル

トサイトばかり見てきた人は、もう一生見る必要はありません。もう見過ぎです。あく

までネット依存の人にとってですので、それ以外の人が楽しむ分には問題ありません。

しかし、ネット依存の人には有害なのです。

 

グーグルのセーフサーチを強制する

 

方法を説明する前に一言断っておくことがあります。

私のこのブログで使用するのはパソコンのwin10、なおかつブラウザはグーグルのみで

す。それ以外を使っている読者の方の助けにはなれません。すいません。また、一人暮

らしの方が対象です。一人暮らしのネット依存対策は自作自演になります。自分で作っ

た防御を、自分で壊せないようにしなければなりません。そのため、当ブログではかな

り込み入った部分まで対策をします。

 

では、早速グーグルのセーフサーチを強制する方法を紹介していきます。

グーグルではこの機能をアカウントごとにオン・オフができます。しかし、アカウント

からログアウトしたり、シークレットウインドウを使うと意味がありません。けれども

最近、グーグルではブラウザそのものにセーフサーチを設定することができるようにな

りました。これによって、誰がログインしてもセーフーサーチが強制され、解除できな

くなります。

 

設定手順は以下の通りです。

 

グーグルで何かを適当に検索して、設定をクリックする

f:id:for-sence:20200828221805p:plain

 

②その中の検索設定をクリックする

f:id:for-sence:20200828222152p:plain

 

③以下の画面が出たら詳細をクリックする

f:id:for-sence:20200828222445p:plain

 

以下の画面が出たら、管理しているデバイスとネットワークのセーフサーチ設定をロ

ックするをクリックする

f:id:for-sence:20200828222832p:plain

 

表示された画面の下のほうにある、Windowsの場合をクリックすると、セーフサ

ーチを強制する方法が表示されます。あとはこの手順通りにやっていくだけです。

f:id:for-sence:20200828223259p:plain

 

Windowsのメモ帳を管理者として実行します

メモ帳の場所はWindowsアクセサリにあります。メモ帳のアイコンを右クリックして、

その他をクリックすると管理者として実行するというコマンドが出てきます。

f:id:for-sence:20200828224407p:plain

 

メモ帳のファイルをクリックし、開くをクリックします

f:id:for-sence:20200828224704p:plain

 

ファイル名にC:\Windows\System32\drivers\etc\hostsと入力し、開くをクリックし

 ※上記をコピペして構いません

f:id:for-sence:20200828225014p:plain

 

コマンドプロンプトを起動します

コマンドプロンプトはWindowsシステムツールにあります。

f:id:for-sence:20200828225520p:plain

 

コマンドプロンプトにping forcesafesearch.google.comと入力し、表示されたIP

ドレスを書き留めておきます

※IPアドレスとは216.239.38.120のように、数字が並んでいる部分のことです。下

図の黄色部分に並んでいる数字をメモしておいてください

f:id:for-sence:20200828230236p:plain

 

メモしたIPアドレスを、先ほど⑧で開いたファイルの一番下に記入する

下図の黄色線の部分に自分のIPアドレスを記入してください

f:id:for-sence:20200828231007p:plain

 

 ⑫さらに、その後ろにwww.google.com #forcesafesearchと記入します。

注意点:グーグルに書いてある通りにやっても適用されないことがあります。

その際は、自分のIPアドレスとwww.google.com #forcesafesearchの間にTabキーを入

して空欄を空けてください。以下の写真の青い部分がTabキー入力後の部分です。

f:id:for-sence:20200921132518p:plain

 

おつかれさまでした。

これで誰がログインしてもアダルトサイトは検索できません。シークレットウインドウ

でも見れません。ただし、グーグル経由のほかのブラウザからなら見れてしまいますの

で、物足りない人はフィルタリングソフトのiフィルターを導入してください。

 

ネット依存にならないためのブラウザはグーグルがおすすめ

ネット依存にとっての大敵であるアダルトサイトを封じるにはグーグルが最適です。

世界シェアが圧倒的に高いだけあって、改善が盛んに行われています。ぜひ、あなたも

セーフサーチを強制適用させてみてください。

最後にもう一度言いますが、ネット依存の人はアダルトサイトをもう二度と見る必要は

ありません。もう膨大な時間を費やしてきたはずです。これ以上、そういったもので性

欲を発散するのはやめましょう。アダルトサイトをやめるだけで、生活がかなり改善さ

れます。

 

ポルノサイトにさよならしましょう。