一人暮らしでもできるネット依存対策(パソコンwin10版)

一人暮らしの人でもできるネット依存の緩和法の紹介です

はじめに。ネット依存をあなどることなかれ

私は今日までかれこれ5年以上もネット依存で苦しんできました。

このブログでは、ネット依存を緩和するための方法を紹介していきたいと思います。

とは言っても、これはほとんど自分のためにすることです。私がしているネット依存防

止対策を、メモ代わりにこのブログに残しておこうと思いました。私はネット依存でか

なり辛い思いをしてきましたが、私と同じように苦しんでいる人は、もしかしたらこの

日本のどこかに一人はいるかもしれません。そうした一人の人に少しでも役に立てばと

思います。ただし、私は医学的な知識はないので、このブログの対処法は独断と偏見に

満ちています。私自身がこれまでの経験から築き上げたものですので、誰にでも当ては

まるとは思っていません。その点を注意して読んでもらえたらと思います。

 

それにしても、ネット依存はあなどれません。とにかく克服するのが難しいです。現代

はネットなしの生活は難しい上、仕事でネットを必要としない会社などないと思いま

す。まさにネットは現代の必需品ですが、私の場合、一度ネットに接続するとそのまま

10時間以上ネットしてしまいます。こうした日々を繰り返していると、どんどん生活

が乱れてきて、精神的に不安定になっていきました。食事もおろそかになり、ずっと同

じ姿勢でいるので腰痛になります。さらにパソコンのブルーライトによって睡眠の質も

浅くなり、精神的な疲れがとれません。これがエスカレートしていくと人間関係などに

影響が出始めて社会生活ができなくなる恐れがあります。

 

今の時代、みんなネットやスマホをしています。それだけにネット依存の有害性を自覚

している人は少ないのではないでしょうか。多くの人はネット依存を軽視し過ぎだと思

います。ネット依存はほかの依存症とは違ってマイルドです。けれどマイルドだからこ

そじわじわと進行していきます。ネット依存とは、本当は恐ろしいものなのです。

 

ではなぜ、そのことを理解しながら私はブログを書いているのでしょうか。それはネッ

トと適切に関われるようになりたいからです。私はネット依存だからと言って、ネット

を完全に遮断したくはありませんでした。どうにかしてネットのいい面を生かして、自

分の人生に生かしていきたかったのです。だからこそ5年もネット依存で苦しんでいる

のに、自宅にネット回線を引いています。

 

ネット依存で苦しむことによって、私は一体何を学んできたのか。どれだけのものを失

ってきたのか。そうしたことを言葉にして残すことで、自分がネットと適切に関われる

道を洗練させていこうと思います。これまでネットの負の側面にずいぶんと痛めつけら

れてきました。ネット依存症と一人で闘ってきました。これだけネットと死闘を繰り広

げても、諦めずにネット依存に対処することをやめなかったのは日本でも私ぐらいだと

思います。これまで何度もネットを自宅に引くことをやめようと思い、実際に自宅のネ

ット回線を解約しました。でも、また契約しました。

 

その理由は、私にはネットでやりたいことがあったからです。ブログでお金を稼ぐこと

と、恋人を探すことでした。この2つに真剣に立ち向かっていないからこそ、私はネッ

トを諦められないのだと思います。けれどネットは誘惑だらけです。自分の目的とは関

係のない情報が無限にあります。私はこうした誘惑に負けてきました。負け続けてきま

した。たまに勝つこともありましたが、すぐに負けます。

 

私は真剣に考えました。

どうすればネットの誘惑に邪魔されずに、自分のしたいことに専念できるのだろうか

と。どんなサイトが自分の邪魔をしているのか。その対策をずっと続けてきました。

このブログはそのアイデアの記録であり、私のネット依存の自伝みたいなものです。

 

私と同じような人のために役立てば幸いです。